フィリピン就職について調べてみた

東南アジア就職という新たな選択肢が加わったことで、海外就職という敷居がグンと低くなった・・・ネット上にあふれている東南アジア就職のすすめみたいな情報を眺めているとそんな印象が浮かんできますが実際どうなんでしょうね。

フィリピン就職って”あり”?それとも”なし”?

現在話題沸騰中のフィリピン留学。

おかげでフィリピンにやってくる日本人もかなり増えてきましたが、そのフィリピン留学のその次のステップが見えてきましたね。

東南アジア就職という選択肢。

フィリピン留学は、フィリピンで英語の基礎を学び、オーストラリアやアメリカ、イギリスなどに改めて留学するなど、英語留学のハブ化としても既に機能し始めています。

英語力がしっかり身に着きさえすれば、何も別の国での留学を考えなくても、そのまま海外就職が十分狙えるポジションに立つことができます。

海外就職と考えれば、何も東南アジア就職に限らず、世界中どこにでも就職先を求められますが、そのままフィリピンで就職する人、ビジネスを立ち上げてしまう人、シンガポールやベトナム、インドネシアなど、そのまま東南アジア就職を目指す人も多いようです。

BRICsに次ぐ新興国N-11(ネクストイレブン)にも入っているフィリピン。その経済成長性への期待、そしてその位置的優位性も手伝ってか、東南アジア就職の最前線基地化していく勢いがみられます。(笑)

そうなると気になるのは、東南アジア就職のポンテンシャル・・・現地での生活、将来性ということになりますが、まずはどんな就職先があって、どれくらいの給料がもらえるのか?がわからないと判断のしようがありませんね。

ということで少しリサーチしてみました。

ネットで「フィリピン 就職」とか「フィリピン 求人」なんて検索をかけてみると、結構色々出てきます。

求人内容をいろいろ見ていくと・・・

勤務地は圧倒的にマニラ、セブ。日系、フィリピン系、その他外資という点で見ると、やっぱり多いのは日系企業の求人が多いようですね。

業種で見ると、製造、建築、貿易、流通、サービス、電気/電子、IT/WEBなど、同業種から様々な会社を選べるほどのボリューム感はないけど、大抵の業種は選べそうな感じです。

自分の業種がそうだからかもしれないけど、IT・WEB系求人は結構目に付きます。
システム開発、オンラインゲーム開発、ネットショップ構築、SEO対策・・・なんて感じで、ここは結構会社や業務/開発ターゲットで選べそうな感じ。

募集職種も営業から事務、会計、技術系専門職に至るまで様々な職集が探せます。

通訳/翻訳、フィリピン英語学校/オンライン英会話の運営スタッフ、旅行代理店スタッフ、日本語オペレーター/テクニカルサポート、日本食レストランあたりはもう定番化しつつあるようですね。

ダイビングインストラクターとかヘアスタイリストみたいな手に職系求人も結構見つかりそう・・・

気になる待遇、給与面はというと・・・

正社員、アルバイト・パート、インターン採用の3つがあります。

このあたりは業種や職種、応募時の経験やスキルに応じてしまいますね。

経験やスキルがあれば正社員も十分狙えますが、そうでない場合は良くてアルバイト・パート、インターンを狙うしかないでしょう。

給与は月額5万から10万ペソあたりが相場って感じですかね・・・ITエンジニアとか技術系は20万ペソぐらいもらえるケースもありますね。

応募資格<は、フィリピン進出系製造業などは大卒、専門卒などの学歴や職歴、技術系なら専門知識、スキルが要求されます。年齢も20~30代ぐらいが圧倒的に多いみたい。

この辺りは日本の求人と変わらないですが、英語力があって、業務経験が豊富な場合だと、現地マネージャー候補で45歳ぐらいまではいけそうな求人もありますね。

ざっと見ただけですが、以前から比べれば格段とフィリピンで就職するという敷居は低くなっているのが十分感じられますが・・・だからと言って日本の就職より楽にできるということではありません。

1.英語(語学)力、2.職業スキル、業務経験、3.生活への適応性、この3つが不足していると、東南アジア就職と言えども決して理想的な就職にはならないことは留意しておきましょう。

 

フィリピン就職でチェックすべきポイント

フィリピンの就職先探しは、WEB検索とかでも十分に探せます。
日本の求人から比べれば、もちろん絶対数が少ないですが、まずあたりを付けるぐらいならWEB検索でも十分でしょう。

より具体的に検討するなら、人材派遣会社に登録する、就職コンサル、エージェントの力を借りるという選択もできます。

また、就職先を紹介してくそうな英語学校などもちらほら見られますので、フィリピン留学を検討する際には、このあたりのポテンシャルも検討材料に加えてもいいかもしれません。

就職先を選ぶ際に検討したい材料は、やはり待遇面ですね。

フィリピンだと、圧倒的に日系が多くなりますが、本社採用なのか、現地採用なのかによってもびっくりするぐらい待遇が変わります。

本社採用なら、日本の給与体系による円建て、海外勤務手当、住宅補助なども対象になる海外駐在員というポジションも狙えますが、現地採用だと、あくまでフィリピンでの相場を前提とした給与水準、待遇となります。

海外駐在員ならプール付きの豪邸に住めるチャンスもありますが、現地採用ではそのチャンスはまずありません。

それどころか、さすがに物価の安いフィリピンでも、それじゃ普通に暮らせないだろっ?という条件があったりもします。

フィリピンで働くには労働ビザが必要ですが、会社側がしっかりサポートしてくれるのか?という点も重要です。正社員前提でも試用期間が設定されている場合もありますので、このあたりも要チェックです。

また、インターン募集というのも要注意。

学歴・経験不問!でも無給で雑用に追い回されたりするインターン募集などもあったりします。

特定業界の経験値を上げる、スキルを高める、そして次の就職につながるようなインターンであれば良いのですが、そうでなければただただ消耗していくだけなので、避けたほうがよいでしょう。

新卒でいきなり、フィリピンとか東南アジア就職を目指すのもあまりお勧めできません。

それこそ、経験不問で無給のインターン募集しか選べない可能性が高くなります。

いずれにしても、まずは自分の英語力や経験値、能力などをしっかり棚卸した上で、検討してみてください。