英語の習得は学校教育だけではダメ

学校教育に頼るだけではダメ

日本でも、塾に通わせるなど、学校教育以外の自主教育も盛んではあるけど、それって単に受験対策ですよね。

良い中学、高校、大学に入る・・・そして良い会社に就職するための自主教育で、早いうちから英語教育にそこまで熱心に取り組む家庭はそうないような気がします。

一方でこんな記事も。

英語教育:過熱する早期学習(毎日新聞)) – Y!ニュース</a>

昨今の企業の英語公用化、海外進出などによる英語力重視になってきた日本の就職環境の変化などに敏感な家庭では英語塾などに通わせるケースも増えてきたようですね。

やはり英語は、単に暗記する学問的な学習だけでは習得できないし、相当な学習ボリュームを確保しないと難しいのが現実。

なので、いかに学校教育が変わっていったとしても、自助努力は絶対に欠かせません。

英会話教室に通う、オンライン英会話を受講する、海外留学といった英語教育サービスの利用は不可欠。

前述しましたが、フィリピンのプライベートスクールは全教科英語で行う徹底ぶりで、日本の英語教育とはけた違いのレベルですが、それでも生徒によってかなりのレベル差が出てきます。

同じ学校に通っていても、ものすごい流暢に話せるようになる子とそうでない子が混在してくる感じです。

ある時小学2年生の姪っ子と話してみたら、その発音、流暢さが桁違いなことに気が付きました。

一方で会話はできるけど、そこまで流暢ではない中学1年生の姪っ子がいたりします。(もちろん会話のレベルは中1の姪っ子の方が上ですが・・・)

どちらもうちの娘と同じプライベートスクールに通っています。

その差がなんなのか知りたくて、その小2の子の親と話してみました。

そしたらその母親の英語力はこれまた段違いで、まさにネイティブ並!

なにか特別な英語教育をやっているのかを聞いてみたら、その家族の共通言語はローカル言語のビサヤ語ではなく、英語を使っていると言われました。

それ以外特に私塾に通わせていることはないようでしたが、母親(恐らく父親も)があれだけの英語を話せて、家では英語しか使わないとなれば、それだけでも十分でしょうね。

こんな感じで、日本と桁違いの英語教育を受けられるフィリピンですら、それだけに頼らず、自助努力をしている家庭もあるということなんです。

であればなおさらのこと、学校教育にそこまで頼れない日本人は、それ以上の自己学習やプライベート教育サービスを活用するなどの自助努力をしていかないと、彼らの英語力にも近づけないという現実があるのです。

日本の学校教育における英語教育が少しでも改善していけばいいのですが、こればっかりは難しいでしょうし、仮に改善したとしても、それだけで即グローバル人材となり得る英語力は習得できません。

学校教育に過剰な期待を寄せるだけではなく、英語を習得したいと思う個人、そして英語を習得させたいと思う親の自助努力、サポートが、英語を習得するうえで一番大切なことだと思います。