フィリピン移住目的別ケーススタディ

フィリピンの物価は安いし、フィリピン人も親日家でホスピタリティにあふれ・・・みたいな宣伝文句は決して間違いではありませんが、果たしてフィリピンは日本人にとっての理想郷なのか?巷にあふれるフィリピンのメリットを検証してみます。

 

フィリピンで生活防衛

フィリピンの衣食住は安い。。。これは事実です。

1日働いても700円程度の最低賃金、1か月数千ペソで家族で暮らしている人たちもたくさんいるわけですから、彼らを支える衣食住は確かに安い。

安いのは事実ですが、実際にはこのレベルの衣食住は日本人にはムリです。

日本人がそれなりに安全に、それなりに快適にフィリピンで暮らすなら、単身でも最低で15万円ぐらいは欲しいところ。

家庭があるなら子供の教育費等も考慮すると最低でも20万~30万ぐらいは欲しい・・・となると日本とそんな変わりませんね。

日本人がそれなりに満足できるような暮らしぶりってフィリピンではお金持ちの生活様式なので、やはりそれ相当に高くなっちゃうからなんです。

なので日本的な便利な生活、物質的な豊かさを前提とした生活の質を重視する人にはフィリピンは快適な移住先とはなり得ないと思います。

もちろん衣食住のバランスをうまく取ってコストを抑えていくことは十分できます。フィリピン社会を理解し、フィリピン人とうまく付き合う、ある程度彼らの生活様式を受け入れることができればできるほど比例してコストを下げることができます。

 

フィリピンで就職

フィリピン留学、東南アジア就職ブームの影響もあり、就職先としてのフィリピンも話題に上り始めています。

フィリピンの経済成長を受け、これまで主であった製造業に加え、飲食・サービス・物販・IT業などの日本企業の進出も相次いでおり、現地採用枠も増えてきているようです。

フィリピンで日系企業に就職するチャンスは確実に増えてはいますが、一方で無給で働くインターン募集などが多用されるなど必ずしも売り手市場とは言えません。

現地採用についてもフィリピンの物価、給与水準をベースに決められていますので、前述の生活費目安を大きく下回ることも少なくありません。

英語力に加えて職業経験・専門技能などがあれば有利に就職活動を進めることもできますが、そうじゃない人に取っては必ずしも魅力的な就職になるとは限りません。

もちろん、前述のごとく、生活防衛を図りながら英語力を高める、国際感覚を養う、専門技能を身に着けていくチャンスもあるので、フィリピンで就職する目的・ビジョンをはっきり持つことが大切です。

 

フィリピンで正規教育

フィリピンは英語が公用語になっており、プライベートスクールでも幼稚園、小学校から通常教科として英語を学び始めます。

英語教科以外も国語のタガログ語を除き全て英語、学内での公用語も英語など英語教育を徹底しているプライベートスクールも多くあるので、早い段階から十分な英語教育を施すことが可能です。

教育レベルも日本と比較して極端に落ちるという心配もありません。公立は予算等も問題もあり、レベルも高くないので、お勧めはできません。

プライベートスクールと言っても日本の私立校から比べれば入学金、授業料などもかなり安いので、英語教育・国際化教育として考えれば十分なメリットがあります。

但し、小学校1年生の段階で日本の中学校レベルの英語を学び始めるので、日本とは比べ物にならないくらい力がつきますが、編入する学年によっては子供が授業についていけないという問題も予想されます。

またフィリピンのプライベートスクールは学習単元・スケジュールも日本より過密で、宿題も毎日のように出されるので、親の理解、協力も欠かせません。

また、日本の教育との差異、受験対策等の問題もあるので、日本に帰る前提がある場合は日本人学校という選択肢もあります。

日本人学校はマニラに正規学校が、セブには日本人補習校があります。どちらも日本の学校なので、教科・学習方針は日本と同様です。

 

フィリピンで介護

フィリピンは医科系大学が多くあり、看護師、介護士を多く輩出しています。海外に出て働く看護師・介護士も多く、フィリピン人ならではのホスピタリティ精神で、多くの国から評価されています。

このような事情から、一時期日本でもリタイヤメント層をターゲットにフィリピンで介護サービスを提供する日本式老人ホームが各地に作られましたが、現状ではほぼ残っていません。

理由は、介護を必要とする人たちが海外に出ることを嫌がったこと、看護師・介護士を雇う費用は安く済むが、保険が効かないフィリピンで、万が一病気になった時の医療費が高額になってしまうことなどの問題が解決できなかったからです。

フィリピン人は家族で老人の世話をする、介護をするのがほぼ当たり前で、他人に面倒みさせるという習慣がないので、フィリピン人向けの老人ホームのような施設もあまりありません。

現状では日本人が手軽に利用できる介護サービスはあまり見られませんが、割安で介護サービスを受けられる、介護する側の負担も大幅に軽減できる、冬がないので安定した陽気で過ごすことができる、よって介護する側もされる側も穏やかに暮らすことができるなど、フィリピンで介護に大きなメリットも存在することは事実です。

短中期的に介護サービスを割安で提供する日本人経営の中規模ホテルや施設などもありますし、特に病院に足しげく通わなければならないというほど深刻な病気がなければ、例えば自分で家を借り上げ、看護婦、介護士を雇うという方法が考えられないこともありません。

フィリピンへの移住にはこのように目的別に考えても、取り組み方、考え方により、それがメリットにもデメリットにもなり得るので、両手放しで理想の移住先とは決して言えません。

ただ、日本の暮らしが全ての人にとって快適ということでももはやなくなってしまいましたよね。

貧困化・格差社会は広がる一方、大学まで行っても英語も習得できず、就職できない可能性すらある教育、就職できても低賃金重過酷労働を強いられるかもしれないブラック企業問題、制度的にも社会的にもストレスだらけの子育て、老々介護、介護疲れで共倒れなんて悲惨な事例が噴出している介護など。。。

そんな最中にいる人にとってはそれぞれ非常に深刻な問題だし、いまは大丈夫でも全ての日本人がこのいずれかの問題にいずれ立ち向かわなければならないという状況にも来ています。

フィリピンにはこのような問題を解決してくれる潜在性があるのは間違いありません。

フィリピンは日本のように便利で快適、物質的に豊かに暮らせるわけではありませんが、それを捨てれば救われることも多いし、また違った意味で豊かな暮らしを作り上げていくことも可能です。