フィリピン移住出発準備編

2013.07.05-- 最終更新日:2018/04/29

フィリピン移住を決めてから実際にフィリピンに渡航するまで、準備期間はたったの3週間。決めちゃったからにはやるしかない!

まずは航空券の手配など出発準備から。ここは普通の旅行手配とほとんど同じですが。。。

 

まずはフィリピン渡航の手配

フィリピンでの業務開始予定日までにフィリピンに入らなければなりません。移住準備もさることながら、まずは渡航手配を進めます。

1.航空券の手配

クライアントとの契約でフィリピンでの業務開始日はすでに決まっています。
ここに間に合うように仮想出発日(笑)を想定し航空券を予約。
実際にはまだ何も準備できていない状態でしたが、時間がないので予約しておかないと。

長期滞在を前提とした航空券の予約の仕方にはコツがあります。
フィリピンの入国には往復の航空券または第3国へ出国する航空券を所持していることが条件となりますので、片道航空券では入国できません。

帰国便の日程変更が自由にできるOPENチケットというのが最適ではあるのですが、これは高いんですね。数か月以内に帰国するというのであればOPENがいいですが、私の場合は当面日本には戻らないという前提なので、割高なオープンは買いたくない。。。ということで1週間有効の格安FIXチケットを選択。

帰国便は破棄という前提です。LCCのプロモ価格を除いて、正規で予約するならこれが一番安いでしょう。

2.パスポートの確認

フィリピンに入国するにはパスポートの残存期間が6か月+滞在日数以上が必要です。
数年前に10年パスポートを取得していたので問題なし。

3.ビザについて

フィリピンは21日以内の滞在はビザは必要ありません。入国の時点で21日間有効の滞在許可がでますので、パスポートと帰国便のチケットがあれば入国できます。

私の場合は移住ということでしたが、まずはこれで入国し、入国後ビザの延長、申請を行う前提で進めました。フィリピンのビザについてはまた別の記事で紹介します。

4.現地滞在先の確保

さすがに日本から住む家まで手配するのは難しいですので、フィリピンに着いた時点で家が見つかるまでの間滞在するホテルを予約します。このあたりは海外旅行と変わりませんね。