セブの住居探し

2014.05.28

物価の安いフィリピンなら限りなくローコストでお部屋を借りることも、日本では叶わないプール付きの一軒家や超豪華マンションも夢じゃない!フィリピンで快適に暮らすには安全で良い住まい探しから!

 

ロケーションが大切です。

フィリピンでの住居探しは、日本と同様、アパートからマンション、一軒家から選ぶことができますが、安全に生活できるロケーション、家を選ぶことが大切です。

セブ島は治安がいいと言われていますが、もちろんどこでも良いという訳ではありません。貧困層が多く暮らす場所はもちろんのこと、普通のフィリピン人が住むような場所もできれば避けたいところです。

一口にセブと行ってもセブ島にあるセブシティ、隣接するマンダウエシティ、そしてマクタン島のラプラプシティなどが主要なエリアとなります。

旅行などでセブに来る場合は、大抵マクタン島のリゾートエリアがあるラプラプに滞在することが多いと思いますが、セブの主要エリアはセブ本島にあるセブシティ。

セブ最大のショッピングセンターがあるのも、ITパーク、ビジネスパークなどの商業施設集積エリアも、行政関連の施設もセブシティにあるので、生活圏として便利なのは実はセブ本島のほうなので、このあたりの選択も重要なポイントになります。

というのも下手なところに住んでしまうと移動が大変なんです(汗)

マニラには都市交通の高架鉄道が走っていますが、基本的にフィリピンは車社会。セブも同様で、主要な道路は渋滞もひどく、大した距離じゃなくても1時間程度の時間はあっという間にすっ飛んでしまいます。

ということで、まずは安全面を第一に、そして仕事や子供の学校など生活圏内で探すのが一番ということになります。

私の場合は、セブ市内にオフィスがあったので、タクシーで5~10分程度で行ける範囲内で探し、とあるビレッジ内の裕福な中国系フィリピン人の家の離れを借りることができました。

決して大きくはありませんが、平屋の一戸建てでエアコン、テレビ、冷蔵庫、ベッド、ダイニングテーブルなど主な家具、家電も整った状態で家賃は月10,000ペソ。なによりもすぐに荷物を運びこんで生活が始められたので、まあ最初の仮住まいとしては良しかなぁという感じです。

ガードマンが常駐するゲートで守られているビレッジ内にあるし、タクシーを捕まえやすい大通りに近いというのが決め手でした(笑)

 

どうやって探すか?

安全面はともかく、生活圏がどこになるのか?どこにするのか?という点は日本の家さがしと同じですので、そこが決まれば探すエリアは絞られてくると思います。

とは言ってもよほど土地勘がない限り、どこが危険でどこが安全なのかなんてわかるはずがありませんよね。ですので、信頼できる人や業者のサポートは欠かせません。

ただあたりをつけるだけならインターネットを活用すれば十分に情報収集は可能です。日本のように高機能ではありませんが、フィリピンにも物件検索サイトはありますので、英語に自信がある方はチャレンジしてみてください。

フィリピンの有名なポータルサイトにも賃貸情報が掲載されています。マニラベースのフィリピンプライマーとセブベースのセブポットは一見の価値ありです。

フィリピンプライマー

マニラベースのポータルサイト。具合的な物件は紹介されていませんが、マニラの主要な住宅エリアが紹介されており、物件探しの問い合わせもできるようです。

セブポット

セブベースのポータルサイト。こちらは不動産投資から購入物件、賃貸まで具体的な物件が写真付きで紹介されています。

日本人が経営している不動産屋さんもあることはあるので、現地にコネがなければ相談してみるのもいいかもしれませんね。

昨今のフィリピンブームを受けて投資用物件なども含め、日系の不動産屋も増えてきているようですが、日本人が経営する日本人向けサービスとなるとやはり割高になることは否めません。

良い会社、サイトを見つけたら紹介していきます。

ちなみに私の場合は妻、親戚、そしてオフィスのフィリピン人スタッフ総動員で探してもらい見つけた物件です。コネがあれば足で探す!これが一番確実で安く探せる方法ですね。